Top > 葉酸サプリ > 亜鉛は卵巣に働きかける効果がある!

亜鉛は卵巣に働きかける効果がある!

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。

 

ですから葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番良いですね。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

 

通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。

 

逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、十分に摂取できないという悩みも出てくることもありますよね。そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリです。

 

サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配の必要が無くなります。

 

妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。

 

ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。亜鉛が卵巣に働きかけ、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。

 

亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

 

ぜひご夫婦で亜鉛摂取を実践してみましょう。

 

妊娠中はいつまで葉酸サプリが必要?答えは出産以降も必要です!

 

葉酸サプリ

関連エントリー
美白美容液は保湿効果はない?!亜鉛は卵巣に働きかける効果がある!葉酸の効果を十分に発揮するためには定期的な摂取が必要!妊娠に向けて前向きな気持ち持つようにする!